年末に当たり

京都は朝から雪がちらちらしています。
やっと年末らしくなった感じですが、
かなり寒いですね。

昨日でうちの事務所は仕事納め。
スタッフはすでに休みに入りましたが、税務調査、銀行融資、相続関係などなど
年明けに持越しの案件もまだまだ残っております。。。

ただし、去年よりは明るい話題が多いような気がします。
忘年会の数も若干増えたような気が・・・。
このままアベノミックスで景気回復してくれればいいですね。

消費税やら相続税の税率アップなど、やたらネガティブな報道もあります。
マスコミの報道等ももう少し正確にしてもらいたいですねぇ。
「病は気から」「景気も気から」やっぱり気分的なものも大きいように思います。

ではでは皆様、今年一年お世話になりました。
良いお年をお迎えください。

2013年12月28日 13時17分 その他 コメント0件 トラックバック0件

外れ馬券を経費に認定…競馬配当無申告で判決

 競馬の予想ソフトを使って大量に馬券を購入し、配当で得た約29億円の所得を申告しなかったとして所得税法違反に問われた元会社員の男性(39)に対する判決で、大阪地裁(西田真基裁判長)は23日、男性に懲役2月、執行猶予2年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。西田裁判長は「被告は、娯楽ではなく資産運用として競馬を行っていた」と指摘。所得から控除できる必要経費について「当たり馬券の購入額だけ」とする検察側の主張を退け、「外れ馬券分も必要経費に含まれる」との判断を示し、課税額を約5億7000万円から約5200万円に大幅に減額した。

 判決後、被告側は控訴しない考えを示した。一方、大阪地検は「判決内容を精査し、上級庁と協議のうえ適正に対処したい」との談話を発表した。

 弁護側によると、「競馬の経費」を巡る司法判断は初めて。国税庁は1970年の通達で、馬券配当で得られた所得は「一時所得」としてきた。判決は、趣味や娯楽で楽しむ競馬について「原則として一時所得」とする一方、「被告の場合は一般的な馬券購入行為と異なり、機械的・網羅的で利益を得ることに特化していた」とし、先物取引などと同じ「雑所得」にあたると判断した。

2013年5月25日 9時10分 税務・会計 コメント0件 トラックバック217件

謹賀新年

新年明けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨日から業務を開始しました。
年末調整が終わって、次はいよいよ確定申告が始まりますね。
すでに還付のかたは確定申告の受け付けが始まっています。
期限が近付くと税務署も混雑しますから、
早めの申告をお勧めします。

2013年1月8日 16時23分 その他 コメント0件 トラックバック0件

残暑お見舞い

image

先日はびわこの花火大会へ行ってきました。夏真っ盛りですね。

永易秀一税理士事務所は8月14日から8月19日まで夏休みをいただきます。
8月20日より通常業務を開始いたします。

2012年8月13日 12時21分 その他 コメント0件 トラックバック0件

金融円滑化法

 毎日暑い日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?
京都は祇園祭が終わってこれからが夏の本番です。
さて、「金融円滑化法」の延長が平成25年3月末までと決まってから、各金融機関は出口戦略の策定に苦労しているようです。
 簡単に言うと、どの企業を助けて、どの企業に退出してもらうか、という究極の二者選択を迫られているわけです。
 私も去年の年末ぐらいから、金融機関の依頼で財務DDや、事業計画の策定などお手伝いさせていただきましたが、各金融機関ともなかなか作業が進んでいないようです。
 しかし、銀行以上に各企業のほうがこの問題についての関心が少ないような気がします。
 生き残りをかけたサバイバルゲームは激しいですが、是非少しでも多くの企業に生き残ってもらいたいと思っています。

2012年7月21日 13時25分 経営 コメント0件 トラックバック0件

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今日から業務を開始いたします。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2012年1月6日 9時18分 その他 コメント0件 トラックバック0件

年末にあたり

あっという間に今年もあとわずかとなりました。
うちの事務所は昨日が仕事納め、顧問先へのあいさつや、
簡単な掃除も終わって、今日は一人で山のような書類の整理をしております。
ほかのスタッフは一足先に正月休みに入りました。

相変わらず、不景気な会社が多いですね。
景気回復に明るい材料もたくさんあるんですが、それを支える政治のリーダーシップが欠けています。
やっぱりリーダーがしっかりしないと組織はうまく回らないのですね。

顧問先の大半は減収減益ですが、1〜2割の会社は絶好調。
個人のところは法人化を検討し、メーカーは新しい工場の建設を検討中。
銀行だって全額プロパーでの融資を約束してくれています。

ではその差はどこにあるんでしょうか?
おそらくほんの僅かなことなんでしょうね。

昨日、忘年会に招待してくれた会社の社長は
従業員全員にビールをついで丁寧にあいさつをして回っていました。
ある女性経営者は年賀状はすべて手書き、3ヵ月かかって書くそうです。
飲食店の経営者は、私が店に顔を出すと翌日には丁寧なお礼状が届きます。
そらぁ、差はつきますよね。
謙虚で勉強熱心、それでいて行動は抜群に早い。
一度決めたらぶれない、経営者に求められる必要十分条件でしょうか。

皆様、今年も大変お世話になりました。
よいお年をお迎えください。
1月は6日(金曜日)より業務を開始いたします。
これからも末永くよろしくお願いいたします。

2011年12月29日 9時17分 その他 コメント0件 トラックバック0件

誕生日にあたって

梅雨真っ只中の京都は今日も雨模様です。

そんな中、昨日は無事誕生日を迎えることができました。



年をとることはあまりうれしく思わない年齢になってきましたが、

昨日は同じく6月生まれの娘との合同誕生日会。

また、たくさんの方からお祝いのメッセージやら、電話やら頂きまして

ありがたく思っています。

「誕生日は周りの方々に感謝する日」だと何かで読んだことがありましたが、まったくもってその通り。そのことを実感する毎日であります。



 税理士として独立したのはサブプライムローンが問題となった平成19年。

一時はどうなる事かと思いましたが、リーマンショックを乗り越えてまあ何とか頑張っていますよ。



 税理士業界のことを斜陽産業だとか、未来がないとかいう人も大勢いますが、やり方次第でどうにでもなると思いますね。特に、これから税理士を目指そうかという若い人に声を大にして言いたいと思いますよ。

 よく税理士業界のことをメールで聞いてくる人がいますが(どのくらい勉強が必要ですかとか、どのくらい稼げるかとか・・・本当に多いんでよ)、まあ、そんなことは気にせずに興味があればやってみたらいいと思いますね。



 実際、私が開業した時には思いもよらなかったことが次々と起こっています。二年前から始まった政治資金管理団体の会計監査にしたって、税理士が中心になって行っていますよね。現在ある国会議員のお手伝いをしておりますが、これからは府会議員や市会議員と爆発的に需要の増加が見込まれます。

公益法人の会計基準の移行にしても、今後申告の必要な公益法人がおそらくかなりの数出てくると思います。「為替デリバティブ」の問題も今後社会問題化してくるのは確実です。



それもこれも、周りの方々のおかげだと思いますが・・・。私の座右の銘は 「桃李言わざれども下自ずから蹊を成す 」仕事だって、勉強だって、なんだって、まあ、頑張っていれば誰かが助けてくれるもんですよ。

 誕生日にあたってこんなことを感じた一日でした。



.

2011年6月20日 16時12分 その他 コメント0件 トラックバック0件

本の紹介です。

image

「為替ディリバティブ取引のトリック」
 最近話題の通貨オプションについての本が出版されました。この本を読めば、金融派生商品がなぜ話題になっているのか、どこが問題なのかがわかると思います。

 作者の佐藤さんは、現在この問題に関しては日本で一番詳しい方です。通貨オプションで苦しんでおられる経営者の方必見ですよ。

2011年4月14日 16時10分 その他 コメント0件 トラックバック0件

通貨オプション

通貨オプションによりお困りの経営者の方へ
通貨オプション取引によって多額の損失を発生させて、倒産に追い込まれている中小企業が増えています。(日本経済新聞の記事によれば、19.000社が多額のデリバティブ損失を抱えているそうです。)しかしながら、実際はその何倍もの会社がこの取引によって損失を抱えているといわれています。

通貨オプションの危険性
ある経済雑誌でこの問題が取り上げられたときには「通貨オプションの罠」というタイトルが付けられました。
この取引は中小企業と銀行との間で取引が行われますが、金融については素人の人たちが、金融についてはプロである銀行員に言われるがまま「著しく不利な契約」をしてしまっているケースが大半です。

問題の解決には?
問題の解決には、できるだけ早く専門家に相談することが大切です。私どもは、弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタントなど、多くの専門家とチームを組んで問題の解決にあたっております。
是非、お気軽に御相談ください(初回相談無料)。

単行本の出版のお知らせ  http://www.eos-fa.com/単行本出版のお知らせ/ 

セミナー開催のお知らせ  http://www.eos-fa.com/seminar/

連絡先 通貨オプション救急ダイヤル
0120−2504−99

2011年4月12日 14時53分 経営 コメント0件 トラックバック0件

 
profile
筆者
永易秀一税理士事務所
ホームページ
topics
calendar
<前月 2014年6月 翌月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
recent_entry
recent_comment
archive
category
RSS
XML