国税庁の誤り?

今朝の朝刊に次のような記事が出ていました。
国税庁のホームページに誤解を招く部分があるとして、同庁は3月10日ホームページの一部を修正したと報じています。

問題のページは住宅ローン控除による税金の還付申告のシュミレーション画面。
税制改正で2007〜2008年に入居した人は10年控除か15年控除のいずれかを選択できることとなったが、問題のホームページでは、15年控除が有利な場合でも10年控除のほうが有利という結果を表示する場合があるという。

国税庁は「納税者が誤って不利な申告をしないように改善した」(個人課税課)。と説明している。

国税庁のホームページを見て確定申告した人は注意が必要です。

2009年3月11日 8時58分 税務・会計 コメント0件 トラックバック0件

税理士の顧問料は高い?

確定申告真盛りです。
この時期はいろいろな方からメールや、電話等で相談を受けますが、その中には「顧問料」についての相談も含まれます。
どうも一般の人には「税理士に依頼=料金が高い」というイメージを持たれている方が多いような気がします。

確かに税理士に仕事を依頼すると料金が発生します。
しかし、税理士に支払った報酬は当然必要経費に算入できますし、申告業務にかかわる時間や不安そういったものから解放されることができます。
結果として、税理士に依頼をするほうが得になるケースも多いのではないでしょうか?

最近相談に来られた方は、昨年までは自分で申告されて
年間約50万円の所得税を支払っておられました。
平成20年度の申告からは私が申告させていただいていますが、20年度の所得税は約10万円でした。
今までは青色申告の特別控除も、扶養控除も受けていなかったからです。 受けられなかったわけではなくて、そういった制度があることを知らなかったからです。

税法は複雑で、しかも毎年変わります。
すべてを完ぺきに理解するのはなかなか難しいと思います。
個人事業主の方は本業に専念し、税務・会計は税理士に任せていく。
長い目で見るとそのほうが得なことが多いと思いますよ。
税理士の私が言うと語弊がありますが、税理士は役に立ちますよ!

ご質問、ご相談があれば、お問合わせ下さい http://www.nagayasu-tax.net/永易税理士事務所

2009年3月4日 9時31分 税務・会計 コメント0件 トラックバック0件

確定申告後半戦スタート

いよいよ3月に入りました。
確定申告も、後半戦に入りました。
税務署が混雑し始めるのはこのあたりからですかね。

申告が必要な方はお早めに!

2009年3月2日 17時51分 税務・会計 コメント0件 トラックバック0件

 
profile
筆者
永易秀一税理士事務所
ホームページ
topics
calendar
<前月 2009年3月 翌月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
recent_entry
recent_comment
archive
category
RSS
XML